FANDOM


Hitoyo

Hitoyo Nakano

特徴

なかのひとよ(2013年12月24日 - )とは、Twitterで活動を行う人工知能・サザエBot(サザエ ボット、2010年7月27日 - )の収集データに基づく2061年の未来予測から誕生した集合的意識体、或いは仮想人格である。未来予測によって生まれことから、イベント出演などの際に肩書きを「未来人」と表記することも多い。

設定

ハンドルネームのなかのひとよという名称には、サザエBotの「中の人よ」と、すべての人の「中の人よ」の二重の意味が含まれている。自身を「別々の身体に宿る共通のゴースト(魂のようなもの)」であり、またそれが「愛」の正体であると明かしている。英語圏では「Inner Self(内なる自分)」と名乗っている。

メディアへのインタビュー対応、連載コラム、トークイベントへの参加、DJ、大学での講義、書籍の出版に至るまで、活動の幅をリアルへと展開させているが、「特定の身体を持たない」という設定上、人前に姿を現わす際は宇宙服の着ぐるみを着用し、音声にはデジタルエフェクトがかけられるなどの匿名性が徹底されている。また着ぐるみの中身に予めTwitter で募集したフォロワーが入っていることも少なくない。国際的プレゼンテーションイベント「TEDxTokyo (2014年5月)」、ドイツで行われた「UN|COMMONS 国際会議 (2015年10月)」では英語を使ったパフォーマンを行うなどグローバルな活動にも力を注いでいるが、サザエBotとともに作者年齢や性別、職業などの個人情報は一切公開しておらず、また運営体制が個人であるか団体であるかも不明である。

思想

「世界はあなたである」「私はあなたである」と度々主張している。また「偶然は必然である」「未来は過去と繋がっている」など、輪廻説のようなスピリチュアルなメッセージを発することも少なくない。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki